■非薬物療法について/病気の治療には薬を使わない方法も選択肢のひとつです

<認知症に対する非薬物療法>

非薬物的療法とは、薬物を用いない治療的なアプローチのことです。リハビリや心理療法、アロマセラピー、回想法、音楽療法、園芸療法などがあり、ウオーキングやアニマルセラピーなど様々な療法があります。認知症の方と家族の方を支援する関わりや環境を整えることもで、脳を活性化して、残っている認知機能や生活能力を高めることができると言われています。

認知症は、不穏、抑うつ、せん妄、攻撃的・拒否的態度、不眠、徘徊などの行動・心理症状が表れ、ご家族や周囲の人たちに負担が生じます。非薬物療法は、現在の治療方針に加え、興味のあること、楽しいこと、出来ることから始めることによって少しずつ症状が改善していく場合があると言われています。

■非薬物療法はなぜ行うの?

準備中です。

■非薬物療法はどんなものがあるの?

準備中です。